プロフィール

壱五屋 毒蛙

Author:壱五屋 毒蛙
↑看板娘
メールアドレス
minorikawahiroshi鬱gmail.com
鬱→@(半角)

更新履歴
更新履歴
5/26 絵1件追加。 3/14 絵1件追加。トップページ・リンク改装。リンク3件削除。
2/27 絵2件追加。
2/13 絵1件追加。
2/8 絵2件追加。
1/31 リンク1件修正。絵2件追加。
12/30 リンク2件追加。今年最後の更新。
12/6 絵2件追加。
11/7 絵1件追加。
10/18 絵1件追加。
10/12 絵2件追加。
10/3 絵1件追加。
9/26 絵1件追加。
文章リンク一時閉鎖。
そのうち復活するかもしれません。
8/30 絵1件追加。
8/27 トップ絵変更。
8/10 絵1件追加。
8/7 絵1件追加。
7/1 絵1件追加。
6/27 絵1件追加。
6/16 絵1件追加。
6/10 トップをちょっとだけいじる。
5/18 絵1件追加。
5/4 絵1件追加。
4/27 絵2件追加。
4/6 絵1件追加。
4/3 絵1件追加。
3/15 絵1件追加。
3/9 リンク1件修正。
1/31 絵1件追加。ブログデザイン変更。
1/18 絵3件追加。
2010 12/27 絵倉庫リニューアル。絵1件追加。
11/1 ネタ絵追加。
10/13 ネタ絵追加。
9/21 ネタ絵追加。
8/12 ネタ絵追加。
6/21 ネタ絵追加。
6/19 リンク1件追加。
5/10 ネタ絵追加。
4/24 リンク1件追加。
4/22 トップページ改装。リンク3件追加&1件修正。
3/18 ネタ絵3件追加。リンク1件追加&1件修正。
1/1 明けましておめでとうございます。年賀ネタ追加。
2009 12/26 ネタ絵4件追加。
12/7 相互リンク1件追加。
11/25 リンクページ微修正&1件追加。
11/14 リンクページ改装&5件追加。
10/20 ネタ絵追加。
10/5 ネタ絵追加。
9/25 ネタ絵3枚追加。
9/11 リンク1件修正。
8/31 東方漫画日和4枚追加。
8/17 レビューに漫画版メタルス5話追加
8/15 レビューに漫画版メタルス4話追加
8/5 ネタ追加
7/28 ネタ追加。
7/9 絵板復活。絵倉庫新装。
7/6 ネタ絵追加。
7/4 リンク6件追加。
トップページ新装。
フレーム付きにしてみました。
6/17 ネタ絵追加。
6/10 絵倉庫にお蔵出し追加。
6/9 リンクページ新装。数件削除。
5/27 絵追加。
5/7 絵倉庫整理。絵追加。
4/13 絵倉庫更新。
3/25 レビュー更新。
3/11 絵倉庫更新。リンク微修正。
1/26 絵板削除。
1/1 謹賀新年。レビューに漫画版メタルス1話追加。
2008 12/24 クリスマスだが特に何かあるわけではない。
12/5 絵追加。
11/14 プリプリマン追加。
11/11 ロゴ変更。バナー追加。リンク一件修正。
10/31 絵倉庫ちと改修。
10/15 トップ絵変更。
10/7 パロ漫画追加。
10/3 パロ連作追加。
9/9 パロ漫画ひとつ追加。
8/23 パロ漫画ひとつ追加。
8/20 パロ絵・イラストそれぞれひとつ追加。
8/13 絶望漫画日和追加。
7/29 ネタ絵二つ追加。
7/23 リンク1件修正。絵ひとつ追加。
7/17 ネタ絵追加。リンク12件追加。
メニューに同盟追加。
7/8 ネタ絵追加
6/25 ひぐなく&月姫追加。
6/7 ネタ絵ひとつ追加。
5/7 ちゅるやさん?追加。
4/30 絵一つ追加。
4/19 絵二つ追加。1項目封印。
4/3 日記新調。
4/1 ネタ絵二つ追加。
3/17 ネタ絵追加。
3/10 絵大量に追加。
2/24 TOP絵変更。
2/18 絵二項目追加。
1/27 掲示板一時撤去。リンク1件解除。
1/21 ネタ絵一つ追加。 TOP絵いきなり変更。
1/17 絵二つ追加・TOP絵変更。
2007 1/1 明けましておめでとうございます。
   今年もよろしくお願いします。
12/25 ネタ絵二つ追加・TOP絵変更。
12/5  ネタ絵一つ追加・お絵かき掲示板設置。
11/23 サイト新装開店しました。
web拍手
Twitter
バナー
月別アーカイブ
Amazonリンク

赤い何かしら

好き勝手やってる道楽サイト。タイトル変えました。

佐藤秀峰の漫画は読んだことない僕が言うのもおこがましいとは思いますが、とりあえず言いたい事がたくさんある。

佐藤秀峰、出版社にブチギレ!! 『ブラよろ』カバーイラストをボイコット

例によってかなり感情的に描いていますので、正当性(と言えばいいのか)は無いと思います。
あくまでも当時の僕がこれを読んだ時どう思ったかという程度で読んでください。

前に読んだ講談社との確執を描いた漫画(移転前の公式サイトのプロフィール漫画)は同情的に見てましたが、さすがにこれは擁護出来そうにありません。
というのも、管理が出来ていない編集者は確かに悪いですが、それ以上に佐藤秀峰の方が遥かに質が悪く感じられたからです。

まず、「カバーイラストは描いても原稿料は出ないし、単行本は出版社の商品であって、僕の商品じゃないので、なぜ他社の商品のために無償で絵を描かなくてはいけないか理解できません」
「小学館も講談社も変わりなんかないよ。あいつら、レ○プしといて、『オレが女にしてやった』って言うような奴らだぜ...」
と、言っている下りですが、どう見ても編集者、というより出版社そのものに対する憎悪剥き出しで感情的に答えている事が丸分かりで見苦しく感じます。
確かに「他社の商品」ではありますが「自分の作品」でもあります。
「読者を向いてなかったら漫画なんて描くのやめてるよ」とも言ってますが、読者にとってはその「他社の商品」も立派な「作品」。
漫画本編だけが作品である訳ではないと思います。
本当に読者を向いているのなら読者の喜ぶ顔を求めてカバーを描けよ!と、思います。

次に「ヤングサンデーが潰れて、漫画家は大量に連載を失ったけど、編集者は一人も退社してないじゃん。漫画家って、どんだけお人好しなんだよ」
という一言ですが、正直大きなお世話だと思います。
それ以前にヤンサン連載作品は他誌に移籍して続行していたり、増刊などできっちり終わらせてたりしてるわけですし(そりゃゆうきまさみのように休刊が不本意だと思う方もいますが)、ヤンサン連載作家を代表して言っているような発言はやめて頂きたいかと。
さらに編集者をまるで加害者扱いしているように見える発言も目について仕方がない。
そこで長年働いていた編集者の気持ちを考えたことはあるのか?
そのことを全く気にせずに今ものうのうと働いている編集者しかいないとでも思うのか?
と、問い詰めてやりたいですよ。

次に、公式サイトの日記(4月25日)のQ&Aで「印税貰っている以上、自分の商品でしょう。それにカバーが白紙だとデザイナーさんがかわいそうだと思います」という質問にこんな回答をしていたので勝手ながら転載。


何度も申し上げていますが、単行本は出版社の商品です。

所有権は100%出版社が保有しており、著者は原価で本を手に入れることはできません。
自分の著作単行本であっても、欲しい場合は、出版社や本屋さんにお金を支払って買わなければいけませんし、「単行本は僕の商品ではない」というのは、疑いようのない事実です。

印税というのは、出版社が著作者の著作物を使用して、商品である本を出版した際に、その売り上げや発行部数に応じて、著作者に支払う対価ですので、 「本が漫画家の商品であるかどうか?」ということは、まったく関係のないお話です。
漫画家の商品は、原稿とその著作権だけです。

出版関係者(ですよね?)の中に、その認識がない方がいらっしゃることが、まずは非常に驚きました。
基本から勉強されることをお薦めします。

デザイナーさんがタダ働きしている事実があるとすれば、同情いたしますが、その件については、出版社にご意見をおっしゃればよいのではないでしょうか?
「装丁しているデザイナーさんがかわいそう」というのも、出版社へおっしゃるべきでしょうね。

僕はこれまで、常にデザイナーさんに感謝の念を持っていましたし、これからもその点に変わりはありませんが、単に事実を申し上げると、装丁デザインはデザイナーさんが出版社の依頼を受け製作し、出版社へ納品してる商品です。
デザイナーさんが漫画家にイラストを要求するのであれば、デザイナーさんから漫画家に対価を支払うべきでしょう。

まずは勉強しませんか?


何様のつもりだ!
出版関係者でないかと疑った途端に妙に高圧的な態度で返答をしてきている。
どこまで出版社に憎しみを抱いているんだと正気かどうかさえも疑ってしまう。
被害妄想になっているのだろうか?


他にも某掲示板の佐藤スレにこんな記述があったので転載して紹介。

921 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 11:18:59 ID:kFNMueTx0
自分は単行本の仕事がメインの漫画編集者だったことがありますが
(小学館じゃないよ)
(@一橋系列)コミックスのカバー、カバー後ろ、あとがきマンガなどは
基本的に原稿料は派生しないものとなっています。ゆうき先生がおっしゃる
とおり、単行本を買ってくれる方へのサービスという解釈です。
もちろんそのイラストがたまってイラスト集にするときは、改めて
印税は派生しますが。

もし最初から「単行本のカバーも描き下ろし原稿なんだから
金もらってもいいはず」と佐藤さんが主張して1巻目から
請求したとしたら「ああ、作家側から慣習を変えたいんだな」と
それもありかと思いますが、途中の巻から「編集者がアポイントを
たがえたから腹が立った。それだからカバーもかきたくない。
考えたらタダっておかしくね?」と言いだしたのはどうかと思います。
それならシンプルに「アポイントをたがえた編集者がおかしい」と
その一点で怒りを表明し、担当替えなり要求すればいいんじゃない??

同人作家になればいいと思う。もともと華がないのが大手の有名雑誌で
宣伝してあげて売れた部分を忘れてるようだから。



872 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 18:50:43
連続ですまんけど、角川系では単行本表紙カラー絵に原稿料出るんだって。

ttp://twitter.com/ishiguronaoki/status/12809157563
> 佐藤秀峰に関しては「もう自費出版だけやってればいいのに」という感想しかないんですが、
> 大手は単行本カラーの原稿料がでないというのにビックリしたですわ。角川系はちゃんと出るのに

922 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 11:20:29 ID:kFNMueTx0
>>872
昔の彼女が角川長いけど、コミックスのカバー代なんて聞いたことないって
言ってたんだが(男性向けは違うのかな)


926 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 12:36:20
佐藤は編集者に

> 執筆陣全員の原稿料を書面で提出させた

そうだから、他人のプライバシーについてはなんとも思ってないのでは。

927 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 12:39:29 ID:kFNMueTx0
>>926
何それ?
人のギャラ聞くマンガ家なんて、キ○ガイとしか思えない。
自分が担当編集だったら教えないよ。
正直、同じ雑誌で原稿遅れてる人A,Bに「Aさんも昨日
あがりましたよ」「Bさんもう仕上げだけらしいっすよ」と
適当に嘘を交えてあせらせる作戦、みたいな意味で情報もらすことは
あるけどお金の話なんて…


929 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 13:26:27
これはこの作者が正しいだろ
カバーイラストどころか1枚の絵仕上げるだけでも相当大変だぜ?
なのに原稿料でないとか出版社酷すぎだろ・・・

ちなみに連載のきつさは北斗作者が眼を壊したりするレベル

>>927
同僚に給料聞くくらいはするだろ。つまりそういうこと

なんか日本人は仕事は金貰うためにやってるっていうことを忘れてる奴が増えすぎ
だから過労死とかサビ残起こるんじゃないかな
お前が大事なんはプライドなんか?と問いたい
死んだら、体壊したら元も子もねーよ


935 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 13:49:02 ID:kFNMueTx0
>>929
同僚に給料聞かないし、作家が他の作家の原稿料聞くなんて
みっともないことすることも自分は漫画出版業界に15年ほど
いたけど見聞きしたことないよ。原稿料を決めるときは
他社さんでいただいてる平均を聞いてそれをもとに交渉して
最初に決め、あとは部数が伸びたりしたら編集長と相談して
上げる。でも、作家のほうが原稿料の上がり過ぎを警戒する
ことも多い(一度上げた原稿料って下がらないのが基本だから
オチ目になったときに仕事頼まれにくい高い古株作家ってことに
なっちゃうから)。
そんな中で、あの金もこの金も編集むかつくからもらおう、という
佐藤さんはちょっとおかしいよ。

936 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 13:58:25 ID:kFNMueTx0
>>929
あと、佐藤さんレベルの作家について語るのに原先生を持ち出すのは
個人的に原さんに凄く失礼だと思います。


佐藤秀峰が金の亡者に見えてくる一面。
というか、個人レベルで聞くだけならともかく全作家の原稿料を編集者経由で聞き出すと言うのは確かにどうなんだって感じではある。


なんか記事や日記を見るたびに佐藤秀峰が第二の江川達也に見えてくるようになった。
まともな漫画を描く分、佐藤秀峰の方がマシだが。

江川は本当に酷い。最初はまともだったけど途中からおかしくなってしまった。
特に2000年代半ばからおかしくなったと思う。
どれだけ酷いからは下の動画を見ればよく解る。
埋め込み式で見るよりも、直接見に行って全画面で見た方がより分かりやすいかも。


話がズレました。


最後に「もう紙の雑誌で描く気はありません」ですが、こういう事ばかり言う人のところにはまず仕事はこないと思う。
…いや、自分から望んで描きたくないっているのだからある意味本望だろうけど。

しかしサンデー事件以降、講談社と小学館の間で作家が行ったり来たりする事が目立ってきたような印象があるなどうも…。
久米田康治と雷句誠が講談社に、佐藤秀峰と中村珍が小学館にと計4名も移籍してるのは珍しいのではないだろうか。
編集者トラブルで移籍というのも変な共通点(久米田は除く)。
何かこれだけで一本の漫画のネタが出来そうな気がしてきた。
「講談社くんと小学館くんと」みたいな感じで。
スポンサーサイト
動画・ネタまとめ / 2010/04/27 15:28
コメント⇒8 / トラックバック⇒0

コメント

これは・・・問題点にするべきところと論点をすり替えてる様にしか見えないありさまですね・・・
あんまりにも飛躍しまくるもんだから、この人の主張の本当の狙いが最早分からなくなってる気さえします。
ただ一つわかるのは、「金の為に描いてんだよ!働いた分の報酬は俺の納得のいく形で頂きたいなぁおい!」ってスタンスになっちゃってる事でしょうか・・・
その主張を通す為の賛同者を募る手段として、ヤングサンデーの作家陣を気遣ったっぽい発言して英雄気取ってるのは、正直創作規制を呼び掛ける人間が聞こえのいいことばかり並べるのとレベル的には変わらない事だと思います。(こっちくんな的な意味で)

カラー表紙の原稿自体には金が発生しなくとも、おまけや表紙一つで購入意欲を掻き立てる物が発生して売り上げに影響するでしょうし、結果的に頑張った分は無駄にならないと思うんだけどなぁ・・・
そういう意味でも「読者の為に」じゃなくて「「読者の為に」頑張ってるかっこいい俺の為に」行動してる感じがプンプンします。
少なくとも雷句さんが怒った騒動とは比べ物にならないほど程度が低い態度に見えますね。
「お前の怒りの程はわかるが、主張の仕方を誤ったな・・・それはもう通らん話だ」って感じ?

まぁ雑誌掲載すらしてない私が言うのもアレな話ですが・・・

江川さんはもう遊んで暮らせる状況になってしまってるからなぁ・・・多分もともと漫画は「手段」に過ぎなかったんだと思う。

とりあえず佐藤秀峰が出版社大嫌いだという事は良く解ったとしか言いようがないというか…。
雷句誠の「漫画原稿にしっかりとした価値を!」と言うのには説得力はあるし、何より問題の件が終わった後はすっきりと収まっている。
しかし佐藤秀峰の場合は『いまだに問題を引きずり回しまくった挙句、力として取り込んだ上にただ当たり散らしている被害者面した人』(何だその例えは)という感じで、もう何とも言えない。

江川は恋愛論を語るのが夢だったそうで、そのために「東京大学物語」を描いたそうです。
アシ経験で「漫画は商品」と悟ったのが尾を引いた結果がこれなのかもしれない…。
まぁ江川は江川で画力はあるし全盛期は凄かったというのも把握してる。
それゆえに今の惨状や数々の暴言が鼻についてしまって仕方が無い感じで。
『タルるート』や『うんポコ』のファンだった俺を色々な意味で裏切った罪は重いぞ(何)

こういった裏方の商売人が表に顔出して口出しできる時代になったてのも考えもんですなぁ

感情を描き娯楽として提供するエンターテイナーなんだし
思ってても口に出さず
むしろそういった感情を作品にぶつけてほしいものです

それを多くの漫画家が出来て、この人は作品じゃなく人にぶつけまくってしまっている感じですね。
暴露ぐらいで止めればいいのに、これ以上やるのはさすがにもう…。

gtzlwtli

ysjof

まともなビジネスマンであれば佐藤秀峰氏の主張は何もおかしくないのは理解出来ると思います。
言い方の問題や引き合いに出す例えの問題、主張する本質以外の部分で反感を買っているのが真実でしょう。
しかも叩いている人ほど知能の低さを露呈し関係者でもないお節介さを撒き散らしているという滑稽な現象が見られます。

漫画家さんのアシやってる者の身内の立場からすると、漫画家さんが仕事に対してきちんとした報酬を得られるようなシステムを確立してくれないと、アシは生きて行けない。アシへの支払いは漫画家さんからだから。
年収二百万の世界のアシが出版社や編集者の高給を支えてるとも言える。
NHK並みにムカつく。

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
カウンター
コンテンツ
発売雑誌

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
RSSリンクの表示