プロフィール

壱五屋 毒蛙

Author:壱五屋 毒蛙
↑看板娘
メールアドレス
minorikawahiroshi鬱gmail.com
鬱→@(半角)

更新履歴
更新履歴
5/26 絵1件追加。 3/14 絵1件追加。トップページ・リンク改装。リンク3件削除。
2/27 絵2件追加。
2/13 絵1件追加。
2/8 絵2件追加。
1/31 リンク1件修正。絵2件追加。
12/30 リンク2件追加。今年最後の更新。
12/6 絵2件追加。
11/7 絵1件追加。
10/18 絵1件追加。
10/12 絵2件追加。
10/3 絵1件追加。
9/26 絵1件追加。
文章リンク一時閉鎖。
そのうち復活するかもしれません。
8/30 絵1件追加。
8/27 トップ絵変更。
8/10 絵1件追加。
8/7 絵1件追加。
7/1 絵1件追加。
6/27 絵1件追加。
6/16 絵1件追加。
6/10 トップをちょっとだけいじる。
5/18 絵1件追加。
5/4 絵1件追加。
4/27 絵2件追加。
4/6 絵1件追加。
4/3 絵1件追加。
3/15 絵1件追加。
3/9 リンク1件修正。
1/31 絵1件追加。ブログデザイン変更。
1/18 絵3件追加。
2010 12/27 絵倉庫リニューアル。絵1件追加。
11/1 ネタ絵追加。
10/13 ネタ絵追加。
9/21 ネタ絵追加。
8/12 ネタ絵追加。
6/21 ネタ絵追加。
6/19 リンク1件追加。
5/10 ネタ絵追加。
4/24 リンク1件追加。
4/22 トップページ改装。リンク3件追加&1件修正。
3/18 ネタ絵3件追加。リンク1件追加&1件修正。
1/1 明けましておめでとうございます。年賀ネタ追加。
2009 12/26 ネタ絵4件追加。
12/7 相互リンク1件追加。
11/25 リンクページ微修正&1件追加。
11/14 リンクページ改装&5件追加。
10/20 ネタ絵追加。
10/5 ネタ絵追加。
9/25 ネタ絵3枚追加。
9/11 リンク1件修正。
8/31 東方漫画日和4枚追加。
8/17 レビューに漫画版メタルス5話追加
8/15 レビューに漫画版メタルス4話追加
8/5 ネタ追加
7/28 ネタ追加。
7/9 絵板復活。絵倉庫新装。
7/6 ネタ絵追加。
7/4 リンク6件追加。
トップページ新装。
フレーム付きにしてみました。
6/17 ネタ絵追加。
6/10 絵倉庫にお蔵出し追加。
6/9 リンクページ新装。数件削除。
5/27 絵追加。
5/7 絵倉庫整理。絵追加。
4/13 絵倉庫更新。
3/25 レビュー更新。
3/11 絵倉庫更新。リンク微修正。
1/26 絵板削除。
1/1 謹賀新年。レビューに漫画版メタルス1話追加。
2008 12/24 クリスマスだが特に何かあるわけではない。
12/5 絵追加。
11/14 プリプリマン追加。
11/11 ロゴ変更。バナー追加。リンク一件修正。
10/31 絵倉庫ちと改修。
10/15 トップ絵変更。
10/7 パロ漫画追加。
10/3 パロ連作追加。
9/9 パロ漫画ひとつ追加。
8/23 パロ漫画ひとつ追加。
8/20 パロ絵・イラストそれぞれひとつ追加。
8/13 絶望漫画日和追加。
7/29 ネタ絵二つ追加。
7/23 リンク1件修正。絵ひとつ追加。
7/17 ネタ絵追加。リンク12件追加。
メニューに同盟追加。
7/8 ネタ絵追加
6/25 ひぐなく&月姫追加。
6/7 ネタ絵ひとつ追加。
5/7 ちゅるやさん?追加。
4/30 絵一つ追加。
4/19 絵二つ追加。1項目封印。
4/3 日記新調。
4/1 ネタ絵二つ追加。
3/17 ネタ絵追加。
3/10 絵大量に追加。
2/24 TOP絵変更。
2/18 絵二項目追加。
1/27 掲示板一時撤去。リンク1件解除。
1/21 ネタ絵一つ追加。 TOP絵いきなり変更。
1/17 絵二つ追加・TOP絵変更。
2007 1/1 明けましておめでとうございます。
   今年もよろしくお願いします。
12/25 ネタ絵二つ追加・TOP絵変更。
12/5  ネタ絵一つ追加・お絵かき掲示板設置。
11/23 サイト新装開店しました。
web拍手
Twitter
バナー
月別アーカイブ
Amazonリンク

赤い何かしら

好き勝手やってる道楽サイト。タイトル変えました。

実質的にダンバイン第3部突入。
何かもう1行で語るのがもったいなく感じてきました。

続きを読む
スポンサーサイト
アニメ・映画感想もろもろ / 2009/10/29 12:47
コメント⇒2 / トラックバック⇒0
実は1話からGyaoで見てました。
神無月がきっかけで見始めました。

でも自分の中では神無月を越えられなかったかも…。

続きを読む
アニメ・映画感想もろもろ / 2009/10/28 22:35
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
umine
似てるよね?

関係ないけどサムネ映りが異様に良くて少し感動。
日記 / 2009/10/28 01:38
コメント⇒2 / トラックバック⇒0
グスタフ・カールの「1行で振り返るダンバインその6」のまねしてかいてみるね

25話が見所かも。

*このエントリは、ブログペットの「真紅ボート」が書きました。
日記 / 2009/10/23 07:27
コメント⇒2 / トラックバック⇒0
25話:バーンとトッドが手を組み、リムルを連れさらうもののバーンはショウに完敗する話。
「私は…、あの男に勝ちたい…!」

26話:襲われたエレがゼラーナに逃げ込んできて、危機を何度も予知する話。
「このぬくもりを母にも味わせたかった…」

27話:異世界に飛ばされたショウがシーラ様とエルと出会い、彼女らを連れて再びバイストン・ウェルに戻る話。
「見所のない戦士に何を言いますか」

28話:フォイゾン王がゴラオンを発進させるが、エレに「その力を正しい方向に使ってください。聖戦士と共に」と言われる話。
「我が国民のため、我が祖国のため、ドレイクの好きにはさせん!」

29話:ビルバイン登場。OPも変わる。
「そんな単純なじゃないといいたそうだな…。だけど…、物事なんてみんなそんなものさ」

30話:シルキーを救出する話。久々に白兵戦とバイクが見られる。
「私の名はミュージィ・ポー。もはや地上人の力を借りる必要はなくなったのさ!」

復帰してからのトッドがなかなか熱い。
「人に説教するほど歳をとったのかよ、ショウ!」
「ショウは友達さ。俺にとっての良きライバル、命がけの友達なんだ」
と、名台詞を連発。戦初期と違って戦闘でも活躍してるしで、かなりキャラが濃くなってきた感じがする。
地獄を見てきた男は一皮むけるという事か。

これまで小・中規模の戦闘がメインだったけども26話から大規模な戦闘になってきてるのが見所かもしれない。
画面を色とりどりのオーラバトラーが縦横無尽に駆け巡る様子は圧巻。
話が進むたびに戦闘が派手になってきてるってのがわかるのがいいかも。

しかし、なんで富野アニメの女性キャラって語尾に「~じゃなくって?」を付ける人が多いんだろうね。
アニメ・映画感想もろもろ / 2009/10/22 22:54
コメント⇒2 / トラックバック⇒0
ゴーグ
劇場に足を運びつつも、売り切れで買えなかったエヴァ破のパンフをようやく買える事が出来ました。
藤枝のシネコンで9月から上映が開始されたおかげです。
まぁ、それを忘れてて上映終了ギリギリの今になって買ったわけですが(汗)
ともかくこれでエヴァパンフのコンプは出来そうです。危うく取りこぼすところだった…。

ちなみに2度目の観賞はしてません。上映時間の都合です。
いやもう1度見たいけどさ…。

そんなわけで、静岡出身の方々でパンフをまだ手にしていない方々は藤枝のシネコンに来ればいいと思うよ。

続きを読む
日記 / 2009/10/22 00:24
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
カブトボーグの汎用性の高さは異常。
どれもこれも合いすぎて困るわww

続きを読む
動画・ネタまとめ / 2009/10/19 22:50
コメント⇒3 / トラックバック⇒0
19話:エレの力(?)で何とか戻ってこれたショウが改めて聖戦士として祝福され、ニー達と再開する話。
20話:バーンがショウがどうやって地上回に行ったかを聞くため拷問する回。
21話:リムルが自力で脱走する回。
22話:リムルがスパイ容疑をかけられ、潔白証明のためオーラバトラーに乗って戦う回。
23話:富野節が爆発する回。「俺はフェイ・チェンカなんだぜ!?」「人間ってそんなに利口か?」
24話:トッドが復活する回。前回の反動からか、今回はノリが明るめ。「理屈で何がいけない!」


バーンの行動にいちいち吹いて仕方がない。
2話での「わたしだ!」と一言言いつつドアを開けて登場したり、20話のフォウに隠れて乗り込んだりと笑うところじゃないのに何故かニヤついてしまうのはなんでだ。
そんなバーンはとうとう本編でもネタにされる。
「失敗続きだから追ってこられなくなったんじゃないの?」には涙を隠せません。

リムルが自力で脱走するなら前半にあれだけリムル奪還を描かなくても良かったのでは…。
まぁ、話の遅さは改善されたと思うので別にいいけども。

回が増していくたびに富野節が徐々に炸裂するようになって来ている印象。
20話など、戦いの最中で唐突に人が死ぬ事を描くのが富野クオリティだと思ってる。
余計なドラマなどいらないという事だろうか。

あとチャムがどんどん砕けてきてるね。
アニメ・映画感想もろもろ / 2009/10/16 13:00
コメント⇒3 / トラックバック⇒0
サンレッドで検索したら何か見つけたので挙げてみます。

続きを読む
動画・ネタまとめ / 2009/10/13 01:51
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
今はもう見れなくなってますが、ニコ動でこんな謎の現象を見ました。
コラじゃないよ。ガチネタだよ。

うみ

…やっぱり荒らしだったのだろうか?

続きを読む
日記 / 2009/10/10 01:05
コメント⇒3 / トラックバック⇒0
16話:ガラリアと戦ってる最中に地上に戻るという超展開。
17話:ショウが宇宙人だと勘違いされる話。弱気なガラリアが見られる。
18話:両親を人質にとられたショウが宇宙人だと嘘ついて決別する話。ショウの母は目を背けてばかり。


富野作品の主人公って大抵が親がいなかったり片親だったり親と仲が悪かったりと、親子の関係があまり良くない事が多いよなぁ。
監督の過去にトラウマでもあったのだろうかと邪推を入れてみる。

そんなわけで、「東京上空」以降の話がかなり面白かった。
何というか、第1部の最終話にして第2部の第1話といった所かな。
突如現れたオーラバトラーに対する人々の好奇心と恐怖感が良く出されている(その逆でガラリアの地上の文明に対して困惑する様子も良かった)。
見た事もないマシンから降りてきた息子と名乗る人物を見たら、怯えたり本人かと確認したりするのも無理はないと思う。
そしてショウはショウで、一人で話を動かして行ってる感じ。
「ガラリア?バストール?バイストン・ウェル?何言ってるんだコイツは!ココおかしいんじゃねぇのか!?」と思ってる人が確実にいるんじゃないのかと。

…というか「現代文明に突如現れた謎のメカ」ってまんま第1話のテンプレだよなぁ。
だからこそ面白く感じたのかもしれないが。
実際、本来の第1話は理解するのに手間取ってしまったし、割とスロー進行だった印象もある。

あと、バーンが指揮権剥奪、要するに降格されて、いよいよバーンのヘタレ化が進行してきました。
これまでのバーンってそんなに失敗しているイメージないんだよなぁ。
確かにダンバインに勝ったシーンはないけど落とされてもいないし、大抵優勢でいる場面が多いせいか今回までヘタレのイメージはそんなにありませんでした。

ガラリアが戻れなかったのは、地上人と戦いすぎて機体・オーラ力ともに消耗していたからだと推測。
戦闘機パイロットの子供のオーラ力を感じたのは今後の伏線なんだろうか…?
アニメ・映画感想もろもろ / 2009/10/08 14:44
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
きのうはグスタフ・カールは協力は絶望するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「真紅ボート」が書きました。
日記 / 2009/10/08 07:41
コメント⇒2 / トラックバック⇒0
回が進むたびにトッドとガラリアがどんどん焦ってるけど、若干急すぎるような気もしなくはない。
あと、16話で地上に舞台を移しますが「もう地上かよ!」という気持ちでいっぱいです。
24話辺りからだと思ってたので。
どうも(焦るトッドとガラリアも含めて)バイストン・ウェルでの話があまり進んでいない状態で舞台移した感があるのは、序盤でリムル奪取に尺を多く使ったのが原因とみていいのだろうか。

ダンバインは群像劇として見ていいのかな。
主人公はショウだけど、ニーやドレイク、バーンにガラリアと各メインキャラに見せ場がバランス良く与えられていて感情移入が誰にもできるというか、誰を主人公として見ていいのか分からないというべきか…。


13話:新しく呼び出された地上人に知り合いがいたのを見たトッドがダンバインに返り討ちにあう回。
14話:フラオン王が無能なせいでアの国がコテンパンに叩きのめされる回。「ゲーム盤を守れ!」
15話:ショウがだんだん強くなっていくけど、それでもバーンとガラリアのコンビには叶わないという話。
アニメ・映画感想もろもろ / 2009/10/07 23:15
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
見てて思ったけども、ダンバインってファンタジーというよりは時代劇に近い気がしなくもない。
描写があまりファンタジーらしくないだけ(ドレイクの呼称に「親方様」と言ったり)でそう思っただけなのかもしれないけども。
国盗り合戦は大抵そういうものなのかな。やってることは対して違いはないというか。

…なんてことを思っていたら、11話でショウが「俺はタイムスリップしてきたのかな…」という台詞を言ってたので、監督及びスタッフもこれを意識していたのかな?


一話辺りのボリュームが濃厚なせいか、見ていても全容を理解しきれないこともしばしば。
単に自分が馬鹿なだけかもしれないが。
あと1話は最初見たときの視聴者置いてけぼり感が強かった。
どうもこの始まりと展開のせいでショウが半ば成り行きでドレイク家を裏切ってニー達についたという印象が付いちゃってる感じがしてしょうがない。



7話:ニーがリムルをもう一回連れ出そうとして結局失敗する話。変装はつけ鼻と出っ歯で見破られない。
8話:3度目の正直でリムルを連れ出そうとするもののやっぱり失敗する話。「親が子を殺すというのか!」
9話:フェラリオ達に協力を申し出ようとするものの即座に「カエレ!(・∀・)」と追い返される話。
10話:ミの国で再開したキーンと父が喧嘩別れして、最終的に父撃墜。
11話:ドレイク軍がミの国を攻めてきて王様戦死。「これがオーラバトラー…、旧式の闘い方は通用せんということか…」
12話:フォイゾン王が自らオーラバトラーを駆ってドレイク軍を撤退させる回。王様はツンデレ。
アニメ・映画感想もろもろ / 2009/10/04 22:58
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
じょじょ

本当、貧乏神のパロ絵はクオリティ高いなw
前のデスノパロも無茶苦茶似てたけど今回のも妙に似てるのが何とも言えないww

来月はDグレ移籍か…。
アニメ・映画感想もろもろ / 2009/10/03 00:00
コメント⇒2 / トラックバック⇒0

/
カウンター
コンテンツ
発売雑誌

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
RSSリンクの表示